あなたは毎日のお仕事を頑張れているでしょうか。仕事にやりがいがあれば、こなしていけることでしょう。しかし、仕事自体を嫌いになってしまえば、毎日起きるのでさえ苦痛になってしまいます。ここでは、仕事を嫌いになってしまう原因をご紹介します。

人間関係がうまくいかない

仕事をする上で周りの人達はとても重要です。自分にとって話しやすい人がいる、頼れる上司がいるという方は、仕事を嫌いになりにくいです。逆に苦手な人がいる、嫌いな上司がいるという方は、会社に行くことすら嫌になるでしょう。会社には多くの人間が存在しています。苦手な人の1人や2人できるとは思います。そのため苦手な人とはあまり関わらず、話しやすい人との交流を増やしましょう。

仕事のミスが多い

これは自分自身の問題です。仕事での失敗が増えれば、周りからの評価も下がり職場にいる事が嫌になってしまいます。仕事でのミスを防ぐには、自分がした事があっているのかを何度も見直すことが大切です。作業時間の速さも大切ですが、正確さも重視してみましょう。

思っていた仕事ではなかった

会社に入社する前には、なんとなく自分の働いている姿を思い浮かべた事でしょう。その思い浮かべた職場よりも現実の職場が悪ければ悪いほど、仕事に対する意識は低くなっていきます。思い浮かべた通りの職場などまずありません。理想と現実の区別をしっかりつけて現実を生きる人間になりましょう。

残業が多い

入社する前には残業が多いか少ないかなど分からないものです。残業は生活のリズムを狂わしますし、体力的にも精神的にもつらいものです。そんは残業生活が毎日のように続けば、誰でも仕事が嫌になってしまうでしょう。1人だけで抱えこまず、周りの人にも助けを求めてみましょう。きっとなにかあなたの手助けをしてくれます。

同僚が出世していく

入社したての時は、同じラインからスタートした仕事でしたが、個人の営業成績など仕事の評価がされ始めると、いくら同僚でも出世していきます。周りの出世に焦り自分だけ置いていかれたような孤独感に襲われることがあります。しかし挫けてはいけません。自分のペースで出世を目指し毎日の仕事をがんばりましょう。

最後に

いかがだったでしょうか。仕事が嫌いになる原因がお分かりになりましたか?日本人の多くの人は仕事が嫌いだと答えるでしょう。好きだという人は少数です。しかし、それでも毎日頑張って働いています。辛い仕事も多いかもしれませんが、毎日を乗り切って、頑張りましょうね。